高校生

高校生

立冬にもなり、寒さも日ごとに増してきましたね。

年々、トレンチコートの出番が減ってきています。

 

まだ、暑い夏の頃、協会の電話が鳴りました。

「りんくう翔南高校の〇〇と申しますが

広告をみてお電話させて頂きました・・・・」

詳しくお話を聞いてみると、授業の中で

自分たちで浴衣浴衣クロを作るという授業があり

その作った浴衣を自分達で着てみよう!と話が上がったそうです。

浴衣の着方を教えてくださいとの事でした。

 

浴衣と着物は違いますが、着物を好きになってくれる

きっかけにもなるかもしれない。

喜んでお手伝いさせて頂きますと話は進み

先日、教室長と共に行って参りました。

 

 

 

 

わぁぁ~

靴箱ニコニコすごく新鮮です。

 

廊下~お願い

 

みんなが来る前に準備をする先生

 

男子生徒君も2名もいるので彼らの分も・・・

 

 

そして、続々とみんなが移動してきました。

 

 

まずはボディを使って説明をします。

 

 

みんな、真剣に聞いてくれています。

 

この真剣な表情を見られるのもすごく新鮮。かわいいほっこり

 

 

 

さぁ~説明が終わり、実践です!

 

 

ちゃんと出来るかな?

 

おっとっと・・・羽織るときもみんな、きれいに羽織ろうね~ウシシ

ぇぇえ~?どうやったって~?

わからぁ~んおーっ!

とブツブツ言いながらの子も

無口で淡々としている子も

みんな一生懸命。

その姿がたまりません。

 

何回か繰り返すとみんな慣れてきました。

 

 

さっ、次は帯!

そして、帯に入るともっとおーっ!ガーンえ~わからへーんの声は大きくなり

また、みんな、黙々と

男の子も頑張るよ~

 

 

みなさん上手に出来ました~(^^)

 

最後はたたむ練習もね♪

 

みんな、楽しかった~と言って頂き

記念撮影

 

くうう~

浴衣を着ている時に撮影するの忘れた・・・ゲッソリガーン笑い泣き

 

でも、こうやって授業の中で浴衣を作り、

和に触れることが出来るというのは、素晴らしい時間だと思います。

全国で義務教育の授業の中で行ってほしいです。

そして、出来れば着物の着方も授業の中で取り入れてほしい。

そうすることで、日本の伝統衣装である「着物」も

日常生活で必要なものに近づく一歩だと思いますし

すたれることもない。

伝統衣装が着られない国。日本。

悲しすぎますよね。

小さい時からの経験で着物のイメージが変わるのに・・・

と心から思います。

 

一人でも多く着物ファンが増えますように・・・