奈良・大阪・近畿一円!無料きもの着付け教室 日本民族衣裳振興協会 お問い合わせ
PDFダウンロード(FAX申し込み用紙や広告など)よくある質問修了生の声講師募集
日本民族衣裳振興協会 日本民族衣裳振興協会講師による帯結びの紹介 12月 創作小袖帯結び 天津風
●12月 創作小袖帯結び 天津風


手先を長い目にとり、胴に二巻きしてひと結びをしてから蝶々結びをします。

手先の上側の帯を屏風だたみにして、ゴムでとめます。たれの上側の帯で斜めの短冊をとってゴムをします。


たれ元にガーゼでお太鼓の山をつくり、山のところに蝶々結びをした羽根を出します。ガーゼの上に帯揚げをかぶせます。


たれの残りの帯に帯〆でお太鼓をつくります。その時に帯〆のところで帯をくるりとひと巻きして左下に垂らしておきます。お太鼓の山に出していた羽根をかぶせたら出来上がり!

とても華やかな結び方になりました。
●日本民族衣裳振興協会の講師とモデルさん
本多 邦子講師
4枚羽根でヒダを生かして大人の小袖帯を表現しました。
佐坂 文恵さん(コンサル3級受講生)
気軽に結べる小袖帯ですが、先生の手にかかるとより一層豪華に仕上がりました。
少しずつ自分で結べるようになりたいです。

ページの先頭に戻る