奈良・大阪・近畿一円!無料きもの着付け教室 日本民族衣裳振興協会 お問い合わせ
PDFダウンロード(FAX申し込み用紙や広告など)よくある質問修了生の声講師募集
日本民族衣裳振興協会 日本民族衣裳振興協会講師による帯結びの紹介 11月 創作結び 白鷺
●11月 創作結び 白鷺


手先を長い目にとり、たれが上になる様にお太鼓の分だけを引き抜いて結びます。手先に斜めひだをとり、ゴムで止めます。

手先を前に預け、たれに追いひだをとってガーゼでお太鼓の山をつくります。


たれ先が斜めになる様に形を整えて紐で押さえます。


帯〆で直接斜めのお太鼓をつくり、たれ元のところにある袋の中に手先を斜めに通します。お太鼓のひだをキレイに整えたら出来上がり!

お太鼓の山の追いひだと手先の追いひだのちょっと小粋な変わり角出しです。
●日本民族衣裳振興協会の講師とモデルさん
永田 裕子講師
帯を見て一番に白鷺の美しい姿が思い浮かびました。
イメージ通りに出来上がったと思います。
藤井 典子さん(コンサル1級受講生)
今日は、ワクワクして協会に参りました。
一番のお気に入り、善之助さんの帯がどのようになるのか楽しみでした。
センスがないので、二重太鼓オンリーですが、今日の帯の変化にビックリです。先生ありがとうございます。
私も発想力を持って帯結びにチャレンジしていきたいです。

ページの先頭に戻る