奈良・大阪・近畿一円!無料きもの着付け教室 日本民族衣裳振興協会 お問い合わせ
PDFダウンロード(FAX申し込み用紙や広告など)よくある質問修了生の声講師募集
日本民族衣裳振興協会 日本民族衣裳振興協会講師による帯結びの紹介 6月 創作帯結び フンワリボン
●6月 創作帯結び フンワリボン


手先を長い目にとり、胴に二巻きしてたれが上になるようにひと結びします。たれ元に箱ひだをつくり、細く折った帯揚げを重ねて輪をつくったら仮紐で押さえます。

たれ先を身巾で折り、ギャザーを寄せて中央の部分でゴムでとめてリボンをつくります。先につくったたれ元の輪に通します。


裏箱ひだをとり、お太鼓を紐できめます。前に預けていた手先にも裏箱ひだをつくり、ゴムでとめてお太鼓の中に入れます。おしぼりタオルの枕で羽根の中央を押さえます。


たれ元の輪にかぶせていた帯揚げを左側より前にまわして、右側より枕の上にかぶせて挟んでおきます。帯締めで直接丸みのあるお太鼓をつくったら出来上がり!!(たれ先は輪になります)

ふんわりと背中のリボンが可愛いお太鼓ですね!
●日本民族衣裳振興協会の講師とモデルさん
林 恵子講師
色んなリボンのつくり方がありますが、今回はふんわりとした可愛らしさを出してみました!
陶久 真帆さん(無料教室修了生)
帯一本でとても可愛い立体感のある結び方ができることに驚きました!
アレンジができると着物を着るのがさらに楽しくなるなぁと思いました。

ページの先頭に戻る