奈良・大阪・近畿一円!無料きもの着付け教室 日本民族衣裳振興協会 お問い合わせ
PDFダウンロード(FAX申し込み用紙や広告など)よくある質問修了生の声講師募集
日本民族衣裳振興協会 日本民族衣裳振興協会講師による帯結びの紹介 12月 創作帯結び フラワープレゼント
●12月 創作帯結び フラワープレゼント


手先を帯板位にとり、胴に二巻きし、たれ上でひと結びします。そして、背中に三段ゴムをつけておきます。

胴に巻いた反対側で羽根をつくります。そして、手巾より少し小さめの羽根を右側より三段ゴムにはさみ、続いて羽根をとって三段ゴムにはさんでいきます。


羽根を順番にとっていき、三段ゴムに交互にはさんで、下に垂れている2枚のうち1枚を同じ柄で最後の羽根とし、中央に寄せて上向きに整えます。


垂れている柄を左右で変えて、おしぼりタオルでつくった枕で羽根を持ち上げ、立体感を出します。最後に帯揚げをかけて羽根の中央に花の飾りを入れ、リボンを結んだら出来上がり!!

4枚羽根の小袖帯で、3つの色柄をバランス良く羽根にして、最後に色とりどりのリボンで飾り付けをする素敵で楽しい花束の帯結びです。
●日本民族衣裳振興協会の講師とモデルさん
野中 ひろみ講師
可愛くて粋な雰囲気を表現しました。
「素敵な貴女にお花をプレゼントします。」
という気持ちで結びました。
大地 祐香さん(無料教室修了生)
ひとつの帯が創造もできない形になっていき、ワクワクしました。帯の結び方は無限大で、着物は本当に様々な表現をみせてくれると改めて思いました。
これからも着物を楽しんでいきたいです。

ページの先頭に戻る